アフィリエイト

Google手動ペナルティ 実質のないコンテンツ 再審査リクエストに挑戦!

投稿日:2014/05/24 更新日:

最近トレンドサイトに多発しているGoogleによる手動ペナルティ

Googleから「実質のないコンテンツ」という烙印を押され、検索結果の圏外に飛んでしまうというもの。

圏外に飛んでしまうということは検索結果に表示されず、アクセスはほぼなくなります。

トレンドサイトはほとんどのサイトがGoogleアドセンスを利用しています。

アドセンスはアクセスがないと報酬は発生しないので、サイトが圏外に飛んでしまったら商売あがったり状態です。

実質のないコンテンツとは?


そもそも実質のないコンテンツとはなんでしょうか。

英語を無理やり和訳した感が満載ですが、要は「質が低い・価値がない」ということです。

Googleからはこのような通知がきます。

一部のページで、Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に違反する手法が使用されていると見られる箇所が確認されました。
貴サイトに価値のない質の低いコンテンツが含まれているため、【サイト名】に対して手動によるスパム対策を適用いたしました。他にもサイトの一部または全体に対策が適用された可能性があります。

トレンドサイトというのは特にニュースのリライト系の記事が多かったりしますが、いくらリライトで素晴らしい文章を書いたとしても、同じような情報が他のサイトから得られるのであれば、その記事は「質が低い・価値がない」ということになります。

Yahoo!の虫眼鏡キーワードを使っていたりすると、他サイトとキーワードがかぶってしまうので余計だったりします。

また記事の内容だけでなく、デザインであったり見た目も関係していたりします。

アフィリエイト全開なサイトも嫌われます。

トレンドサイトも割と嫌われてます。
これはあまりにもひねりがない同じようなサイトが多いからでしょうね。

トレンドサイトってニュースサイトや同様なトレンドサイトから引っ張って来たネタを羅列するだけで、本当に面白い記事を書いてるサイトって少ないですしね。

トレンドアフィリエイトはアフィリエイト初心者が入門として取り組むことが多いので、スキルが未熟な状態での記事だったりしますから。

そういうサイトで上位を埋め尽くされるとうんざりな感もあります。

なので、上位表示されているアクセスの多いサイトほど、ペナルティを受けやすい傾向があるようです。

Googleとしてはユーザーに満足してもらえる検索結果を提供したいので、質の低いサイトが上位にいると、ユーザーに「Googleはなんでこんなサイトを上位に表示させてるんだ」と評判を下げてしまいますから。

アクセスが増えて報酬も上がってきて、調子に乗ってきたところを一気に落とされるので、運営者はかなり落ち込みますが…。

ですが、アクセスの少ない、まだサイトのボリュームが十分でないサイトでもペナルティを受けることもあったりします。

ペナルティに関して明確な線引きというのは正直なところGoogleにしかわかりません

どう考えても質は高いだろう、というサイトでもペナルティを受けたりしますし。

とりあえずはGoogleの定めるガイドラインに違反しなければいいという考えではありますが、一概に言えないところはあります。

そして、トレンドサイトはいつペナルティを受けてもおかしくないという状態にあると思った方がいいです。


ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

価値のない質の低いコンテンツ

ペナルティを受けたらどうしたらいいのか?


基本的には諦めるしかありません…。
トレンドサイトは特に。

が、再審査をリクエストすることも可能です。

Googleのガイドラインに違反していたわけですから、違反していた部分を改善して、再度審査をお願いします。

何もしないで再審査リクエストをしても絶対に無理なのでしないようにして下さい。

ちなみに、独自ドメインサイトよりも無料ブログの方があっさりペナルティを受けるんですが、無料ブログがペナルティを受けた場合は、きっぱり諦めましょう…。
そもそも無料ブログは、お試しだったり練習用だったりだと思うので。

そして、独自ドメインの場合は、放置が無難です。

実は、ペナルティは一定期間が経つとペナルティが自動で解除されます。
期間は3ヶ月だったり、6か月だったりと曖昧なようですが。

独自ドメインといってもトレンドサイトはいくらサイトを改善して再審査リクエストを出してもまず通りません。

なんてったってGoogle先生に嫌われていますから…。

僕も先日一番稼いでいた独自ドメインのトレンドサイトがペナルティを受けてしまいました。

まあ、放置してもいいんですが、試しに再審査をリクエストしてみることにしました。

トレンドサイトのペナルティで再審査をリクエストしてみる


ちなみに以前にも稼いでいた無料ブログがペナルティを受けたことがあります。

一応、ちょこっと直して再審査をリクエストしたんですが、もちろんペナルティは解除されませんでした(笑)

まあ無理だろうなとはわかりつつ、今回はもう少し踏み込んでサイトを改善してみることにしました。

どう修正したかというと

アクセスの少ない記事を削除


以前はサイトボリューム(記事数の多さ)が上位表示に有利と言われていましたが、現在そうでもないようで、いくらサイトボリュームがあったからといってアクセスの少なく人気のない記事があると質が低いを判断される可能性があります。
なので、アクセスの少ない順からバシバシ削除しました。

オリジナリティが少ない記事を削除


他のサイトでもよく見かけるな、という芸能系の記事なんかもバシバシ削除しました。
そして、これは他に書いてる人は少ないだろうという記事を残しました。

若干マイナーな人物だったりしますが、実際他に誰も書いておらず、1日で数千アクセスを集めるような記事がありました。

そういう記事は残すようにしました。

これでサイトの記事の8割くらいは削除しました。

画像を削除


トレンドサイトは性質上どうしても芸能人や有名人の画像を使ったりしますが、実はこれは著作権的に問題があったりします。

とは言ってもネット上にはそういう画像がたくさんあり、規制しきれないのもあって無法地帯状態ですが。

でもいつ警告を受けてもおかしくない状態です。
良いはずはありません。

ブラックとまではいかないかも知れませんが、グレーな行為であることは間違いありません。

ということで画像は全て削除。
画像がなくなり、一気に見た目の寂しいサイトになりました。

サイトタイトルを変更


上記に書いたようにトレンドサイトというのはGoogleによく思われません。

「トレンド○○」とか「○○ニュース」とか「芸能○○」とか、トレンドサイトにはそういうタイトルのサイトが非常に多いです。

そのようなタイトルだっただけで、またトレンドサイトか!とペナルティを受ける可能性もあります。

なので、一見トレンドサイトっぽくないタイトル・バナーに変更しました。

サイトのキャッチフレーズについても「○○なニュースをお届けします!」とかではなく真面目な感じにしました。

再審査のリクエストはウェブマスターツールから送信するんですが、その際に「どういう経緯で、どのように改善したのか、その他諸々…」という内容について書かなければなりません。

それについてもしっかり書き、今後はしっかりガイドラインを守ってやっていきますよ、という気持ちと共に送りました。

大体4~5日程で回答があります。

昨日送ったばかりなので、また結果をお知らせしたいなと思っています。

たぶん無理だと思うんですが(笑)

まあ何事も経験です。

まとめ


アフィリエイトサイト、特にトレンドサイトをやっている限りは常にペナルティを受けるリスクはあると思って下さい。

さらに、一度ペナルティを受けた人は、他の運営サイトも連鎖的にペナルティを受ける可能性があります。
まさに僕がそうですし。

同じウェブマスターツールに登録してある他サイトだったり、同じサーバーを利用していたり、同じアドセンスアカウントを使用していたり、
そういう部分でサイト運営者と特定される可能性があります。

明日は我が身、と思ったうえで、できるだけペナルティを受けないサイト運営を心掛けるようにして下さい。

そして、アドセンスだけに頼らない、リスク分散したサイト運営が一番かと思います。

0から月収80万円を達成する情報発信中!


-アフィリエイト

Copyright© 元売れないバンドマンがアフィリエイトで人生を大逆転した実話 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.